このブログについて

ご覧になられている方々 ありがとうございます。

まだまだブログの設定やカスタマイズがかなりおかしいですが、とりあえずやってみようかと思います。

 

先ずはじめに!

段々喫煙者には厳しい世の中になってきていますが匂いの少ない、副流煙がほとんど出ない

加熱式タバコを使用することは、周りの方にも優しいと思っています。

私は喫煙を推奨はいたしません、喫煙具、タバコ等の取り扱いは自己責任でお願いいたします。

タバコは20歳になってからにしましょう。

そしてこのブログに書かれていることは、どの記事も私の個人的な感想です。

日々高価になっていくタバコ代を安くしたいがために始めたヴェポライザー

手巻きタバコ用のシャグを使えることはとても経済的で葉の部分だけしか使わず加熱出来るので

余分な紙やフィルターなども必要ないことから、大きな意味で地球にも優しいのではないかと思います。

しかし、種類が膨大なため過去にどのシャグ・パイプ葉を購入したのか?分からなくなり

無駄に好みでない物を又買ってしまったり、良く分からず買って見たものの好みでなかったりという事を

少しでも無くせる様いろいろ購入したシャグやパイプ葉を忘れないための備忘録として立ち上げました。

 

使用機種

1、Flowermate AURA 以後AURA

2、GRENCO SCIENCE GPen PRO 以後GPen Pro

この2機種を使って各機種の条件を一定にしてレビューしてまいります.

新しい機種が増えましたら、その機種・条件等をここにも付け足し編集して行きます。

大体の条件はレビューにも書いていきますが、条件が違う場合は、その都度その記事に書き込んでいきます。

①シャグ・パイプ葉の量

ちょっと面倒ではありますが、シャグ・パイプ葉の量を一定にして量のばらつきは無いようにしています。

AURA 0.3g GPen Pro 0.23g この量を計ってからチャンバーに葉を入れて吸うようにしています。

②温度

基本、温度高目が私は好きなので高温設定が多いかと思います。

AURA 205℃もしくは210℃からすい始めて225℃もしくは230℃まで最後はあげて吸い終ります。

GPen Pro 緑ランプ204℃から始めて赤ランプ220℃まで最後はあげて吸い終ります。

③セッション・パフ数

必ず2セッション連続でチェーンして行きます。パフ数に関しては数えてはいませんが、

1分間に3パフ位だと思ってください。

AURA 1セッション目ヒートアップ含め5分、2セッション目直ぐに再加熱温度を徐々に上げつつ5分、計10分

GPen Pro 1セッションヒートアップ含め4分、2セッション目同じように温度を上げつつ4分、計8分

④吸い方

これは、どちらの機種も同じで最初はすべて口腔喫煙、最後の方は搾り取るかのように直肺で吸っています。

違う場合は、その都度記事に書き込んで行きます。

⑤レビューするまでの本数?回数?

1,2回吸っただけでレビューしないようにしています。

意外と数回吸っただけでは分からないと思うんですよね?(分かるときもあるとは思いますが。)

必ず各機種20回以上は吸ってからレビューをするようにしています。

特に記述がなければこの条件で吸ったレビューだと思ってください。

 

最後にもう一度言いますが

私は喫煙を推奨はいたしません、吸わないで良いのなら吸わないほうがいいです。

それでも我慢すればいいのでしょうが出来ないのでいろいろ考えて行うわけですね。

同じような方たちの節煙のちょっとした手助けになれば幸いです。

喫煙具、タバコ等の取り扱いは自己責任でお願いいたします。

タバコは20歳になってからにしましょう。

そしてこのブログに書かれていることは、どの記事も私の個人的な感想です。

 

Posted by 伝でん